知る

おにぎりのクイズ、雑学、歴史

知る

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.35

2015.02.15

お米を知ろう35

さて今回の問題は…「お米屋さんあるある」です。

お米屋さんを営業していて時々問い合わせがあるのが、

「田舎からお米を送ってきた。玄米で相当な量があるのだがどうすればいいか途方にくれている」

というものです。

コイン精米機が近くにあればいいのですが、無い場合は近くのお米屋さんにそういった問い合わせが来ます。

小池精米店では、大型の精米機に加えて小型の精米機もあるので、そういった問い合わせにも対応可能ですが…。

いろいろなケースがあって勉強になります。

 

さて、ここで問題です。

小池精米店・三代目、五ツ星お米マイスターの小池理雄が今まで経験した「田舎から送られてきたお米」についての「あるある」に当てはまらないものはどれでしょうか?

次のア~エから選び、記号で答えて下さい。

 

ア.籾や石が多く混じっている。

イ.玄米にそのお宅の「におい」が感じられる。

ウ.送られてくる玄米のほとんどが、60㎏。

エ.古米や古古米が持ち込まれる。

 

 

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!Vol.35解答】

 

正解は…ウの「送られてくる玄米のほとんどが60㎏」でした。

通常は、30㎏単位で玄米は取引されています。

このように知り合いの方から送られてくるお米を「縁故米(えんこまい)」といい、無償であることが多いようです。

弊社の経験則からすると、残念ながらお米屋さんで取り扱う商品とは違い、アのようなケースが多いようです。

イはこれはあまり知られていませんが、お米には匂いが移りやすいのです。

弊社の精米工場はお米の匂いしかしませんので(笑)、縁故米が入っている袋を開けると「違う匂い」というのはすぐに分かります。

エは、前年のお米を消費しきれないというケースです。

縁故米も地方と都会のコミュニケーションの手段としては大事ですが、出来ればお米屋さんでお買い求めいただきたい…というのがお米屋さんの本音です(笑)。

 

出題者:小池精米店・三代目、お米マイスター五ツ星の小池理雄