体験する

イベント告知・報告

体験する

現存する唯一の揚げ浜式塩田【奥能登揚浜塩】

2014.07.04

IMG_2450

 

おにぎり協会イベント「米と塩の素敵な関係」で使用した【奥能登揚浜塩(おくのとあげはまじお)】は、

江戸時代から続いている揚げ浜式塩田で生産される塩。石川県珠洲市にあるこの塩田は、揚げ浜式でつくる

国内に現存する唯一の塩田です。

 

その工程はとにかく重労働。桶を担いで海水をくみ上げ、それを塩田に巻き、太陽と風の力で結晶させた塩が

くっついた塩をかき集め、そこにまた海水をかけて濃縮海水を作り、それをやっと釜で焚いて結晶させるという、

気の遠くなるような作業の連続。文化財にも指定されている、文化的にも価値のある塩です。