知る

おにぎりのクイズ、雑学、歴史

知る

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.49

2015.05.31

お米クイズ49

今回のクイズは、農機具についてです。

現在、田植えが日本各地で行われています。その田植えももうそろそろ終わりに近づいてきておりますが、「田植え」という作業はかつては非常に酷な仕事で、家族総出で行った作業でした。ただ、その酷な作業も1960年代以降に開発が進んだ「田植機」の導入に伴いだんだんと効率化され、今ではほとんどの生産現場では動力による「田植機」の使用により、各段と効率よく田植えを行うことが出来ています。

 

さて…そこで「田植機」についての問題です。

「田植機」とはどのような作業を行う機械でしょうか?

次のア~エから選び、記号で答えて下さい。

 

ア.玄米を田んぼに蒔く機械である。

イ.苗を田んぼに植える機械である。

ウ.雑草を田んぼから引き抜く機械である。

エ.田んぼの土を柔らかくする機械である。

 

 

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!Vol.49 解答】

正解は…イの「苗を田んぼに植える機械である」でした。

通常はビニールハウスなどで種籾から苗を育て、その苗を田んぼに植えていく機械を「田植機」と言います。アの機械は、玄米ではなく種籾を植える「田植機」もあります。種籾を植える場合は苗を育てる手間が省けるため、今までよりも更にコスト減につながるやり方として最近注目されてきています。

 

出題者:小池精米店・三代目、お米マイスター五ツ星の小池理雄