知る

おにぎりのクイズ、雑学、歴史

知る

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.98 「田植え」

2016.05.16

お米を知ろう98

5月になると、全国各地で田植えが行われています。今の時期、水を張った田んぼに朝日や夕日が当たると、本当に美しいです。かく言う私も、先日、茨城県の筑波山のふもとで田植えを行ってきました。お陰様で天気は良く、また風が強かったので、快適に田植えをすることが出来ました。この時期、毎年暑くなりますので、いつもは田植えが終わるとぐったり…なのです。

さて、ここで問題です。田植えと一言で言っても、実際にやってみると色々な発見があります。次のア~エのうち、田植えについて間違っているものを選び、記号で答えて下さい。

 

ア.田んぼに植える苗は、すべて一本ずつ丁寧に植えている。

イ.苗はあちこちに乱雑に植えるのではなく、きちんと列状に植えている。

ウ.田植え機のタイヤは、せっかく植えた苗を踏みつけないように比較的幅が狭くなっている。

エ.田んぼの水の深さにばらつきが出ないように、予め土を平らにならしている。

 

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!Vol.98 解答】

正解はアの「田んぼに植える苗は、すべて一本ずつ丁寧に植えている。」でした。

普通、苗はだいたい3本~4本くらいまとめて一か所に植付ます。これくらいの方が成長した時に適度な太さの株になります。イ~エはその通りです。イ…苗の縦の列を「条」といい、横の列を「株間(かぶま)」と言います。最近はこの条間と株間を適度に空けて植える「粗植」がよく見られます。粗植の方が田んぼの風通しがよくなり、稲が病気になりにくく、また健康的に育つのです。エ…水を張る前に「レーザーレベラー」という機械で、予め田んぼを平らにします。田植え前の、大事な作業の一つです。

 

出題者:小池精米店・三代目、お米マイスター五ツ星の小池理雄

 

>おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.97「お米の保管方法」