知る

おにぎりのクイズ、雑学、歴史

知る

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.15

2014.09.21

お米を知ろう15

さて今日の問題は「米粒編」です。

先日、あるお米関係者の方からこういった話が…。

「最近、米粒が大きいお米が流行っていますよね!」

そう、弊社のお客様でも「米粒が大きいお米が欲しいの!」という方もいらっしゃいます。

見た目がいいのはもちろんのこと、ごはんを口に放り込むと…

口内全体で「お米を食べている!」という感覚をこれ以上なく味わうことが出来ます。

お米の味を判定する際の切り口として「食感」というのは非常に大きい要素です。

粒の大きさとはやや離れますが、ある専門業者さんから聞いたのですが、

お客様からクレームは「硬いか、柔らかいか」という話が圧倒的に多いそうです。

それほどまでに、「食感」はお米の味を決める重要な要素であり、

「粒の大小」が重要な論点になるわけですが…。

さて、ここで問題です。一般的な米粒の大きさ(炊き上がる前の米粒)として、

次の1~3のお米を大きい順に並べたものを、あとのア~エから選び、

記号で答えて下さい。

1.コシヒカリ 2.ハツシモ 3.いのちの壱(銀の朏)

 

ア.1・3・2

イ.2・1・3

ウ.3・2・1

エ.1・2・3

 

【お米を知ろう!Vol.15 解答】

答えは、ウでした!

いのちの壱はコシヒカリの1.5倍の大きさを持つ巨大なお米です。その粒の大きさから、口の中で爆ぜるかのような弾力は、他のお米ではなかなか味わうことができません。

2のハツシモは岐阜県が主な生産地のお米で、これもやはり大粒なお米として知られています。お寿司屋さんで好んで使われています。米粒の長さは約5.7ミリです。

コシヒカリの米粒の長さは約5.2ミリ。コシヒカリの粒がやや小さいのが意外に感じられるかもしれませんが、毎日精米しているお米屋さんからすると、他のお米と比較するとその小ささが良く分かります。

 

出題者:小池精米店・三代目、お米マイスター五ツ星の小池理雄