知る

おにぎりのクイズ、雑学、歴史

知る

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.101 「米屋の仕事」

2016.06.06

お米を知ろう101

さて今週のクイズはずばり「米屋の仕事」についてです。

お米屋さんと言えば・・・重いお米を軽々と運んで配達してくれるお店…というイメージがあると思います。もちろん、それも仕事の一つですが、その他にも色々な仕事があります。配達するまでには、まずお米を仕入れ、精米し、小分けにする必要があります。お米を仕入れるのでも、それぞれのお店の方針により、どの産地の、どの品種を仕入れるのか…各店で特徴があります。どのような仕事でもそうだと思いますが、端から見るイメージと比べると実に様々な仕事があるのですが…。

さてここで問題です。次のア~エのうち、米屋の仕事として間違っているものを選んでください。

 

ア.玄米ではなく白米を仕入れる場合もある。

イ.炊飯、いわゆる「ごはん」は販売してはならない。

ウ.災害時に行政に協力してお米を拠出する場合がある。

エ.ブレンドで使用するお米の品種の割合等は各店独自で決めている。

 

【お米を知ろう!Vol.101 解答】

正解は…イの「炊飯、いわゆる「ごはん」は販売してはならない。」です。 炊飯を販売しているお米屋さんも数多くあります。 生米だけではなく「ごはん」の美味しさまでお客様に提案できるため、他のお米屋さんとの差別化につながります。 ア…例えば卸業者や生産者から玄米ではなく白米で仕入れているお店もあります。 ウ…地方自治体にもよりますが、東京都では組合所属のお米屋さんは、各行政と提携して災害時にお米を拠出する仕組みになっています。 エ…ブレンドで使用する割合や品種の組み合わせは各店舗独自のノウハウになっています。

 

出題者:小池精米店・三代目、お米マイスター五ツ星の小池理雄

 

>おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.100「田植え後のトラブル