知る

おにぎりのクイズ、雑学、歴史

知る

【海苔のはなし】vol.7 驚くべき海苔の栄養

2015.03.05

栄養成分表

こんにちは!山本海苔店の山本貴大です。

今回が海苔のお話最終回です。

最終回は驚くべき海苔の栄養についての話です。

 

海苔は『海の野菜』

 

海苔って薄っぺらくて、黒くて、まるで栄養がなさそう・・・

というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

実はそんなことないのです。というかすごいです。

 

海苔には多くの成分が含まれていて、「海の野菜」と言われており

特に良質のたんぱく質、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12など、

体の健康に欠かせない成分を多く含んだ自然食品です。

いろいろ語りたいことはあるのですが・・・・

長くなってしまいますので

私が特に注目すべきと思う栄養素についてお話します。

特に女性の皆様、必見です。

 

①タンパク質 ~海苔は海の大豆~

海苔の40%はタンパク質でできています。

これはなんとあの大豆により多い含有量である事だけでなく、

あの必須アミノ酸をすべて含んだ良質なアミノ酸でできています。

必須アミノ酸とは、タンパク質を形成する20種類のアミノ酸のうち、

食べものから摂取する必要がある9種類のアミノ酸のことを指します。

体内で十分な量を合成できないため、どれか1つが欠けても筋肉や血液、

骨などの合成ができないのです。

ふむ、これは是非とも摂取しなくては!

 

②食物繊維 ~注目成分ポルフィランでお肌しっとり~

焼海苔100g中に含まれる食物繊維は、なんと36g!

重量の約1/3が食物繊維というダイエットのお供としても頼もしい食品なのです。

また、海苔の成分で最近注目されているのがポルフィランで、海苔の細胞を保護する

主な成分で、水溶性の食物繊維です。

海苔の糖質のおよそ80%がこのポルフィランでできており、ワカメや昆布にはない海苔特有の物質なのです。

海苔は海面で育ちますが、日光にさらされる時に乾燥や紫外線から身を守るために、

このポルフィランが備わっていると考えられています。

ポルフィランは保水力に優れているため、保湿成分として化粧品に使われたりしているのです。

 

③ビタミンC~海苔を食べて目指せ美肌美人~

ビタミンCの効能は皆様もうご存知かと思いますので、いっぱい入っている自慢だけさせてください。

100g中含有量はレモン100mg、いちご62mg、パセリ120mg。さて海苔は・・・・・

答えはなんと210mgです。目指せ美肌美人!の方、ストレスの多い方、

是非海苔を食べて元気になってください。

 

④葉酸~食品の中で含有量TOP!女性の皆様必読~

葉酸は赤血球の合成に大きく関わっており、不足すると赤血球ができなくなり、貧血症状がおきる原因となります。

また、核酸の合成を助ける働きがあり、不足すると細胞分裂やDNAの形成に障害がでる恐れがあります。

そのため、胎児や成長期の子供には特に必要とされ、妊娠期には普段の倍の葉酸をとる事が推奨されています。

葉酸が多い食材としてほうれん草、モロヘイヤ、レバーなどがありますが100g中の含有量では、

焼海苔がTOPで、1,900μgが含まれています。

下ごしらえもいらず、手軽に食べられる海苔は葉酸をとるのに便利な食品ですので、

妊娠を考えている方は是非摂取してください。

 

 

さて、今回説明させていただいた4つの栄養素含め、

海苔に含まれる成分は他の食品には見られない数々の栄養素は驚くほど、ぎっしり凝縮されています。

海苔は一日2枚食べると健康にいいと言われています。

(確かに海苔を100g食べるという事はかなり大変かと思います。)

ですが、現代人に不足しがちな大切な栄養素を補う食品として

1日2枚を目安に皆様ぜひ意識してどんどん食べてください!

 

さて、今回が海苔のお話は最終回でした。

このコラムを書かせていただき、少しでも海苔について皆様に知っていただき、おにぎりはもちろんいろいろな場面で海苔を楽しんでいただけたらと思いながら書いておりました。

いかがでしたでしょうか。

今後も海苔に関する質問や(ご注文も)ございましたら、これからも何なりと問合せください。

プロの海苔屋としてお答えいたします!

それでは今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました!

 

文:おにぎり応援大使・山本貴大 山本海苔店 http://www.yamamoto-noriten.co.jp)