知る

おにぎりのクイズ、雑学、歴史についてご紹介

知る
2021.05.08

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.336「田植え」

各地では田植えシーズン真っ盛りです。 いよいよ令和3年産の新米に向けて動き出します。 改めて…お米は自然のものなので、人間が想定したような栽培環境が条件が整ったとて、必ず美味しくなるとは限りません。それでも生産者の積み上 […]

知る
2021.05.03

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.335「稲作と地産地消」

さて今週のクイズは「稲作と地産地消」についてです。 稲作の技法自体は日本全国それほど大きな差はありませんが、使用する肥料を見るとその土地で手に入る独特なものを活用する事例がいくつか見られます。 生産者はそういった肥料を使 […]

知る
2021.04.26

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.334「農産物検査」

さて今週のクイズは「農産物検査」についてです。 お米は日本人の命をつなぐ大事な食糧ですから、その品質については川上からしっかり守られています。「農産物検査」もその一つです。 例えば小売業者がエンドユーザーに品種名を明確に […]

知る
2021.04.18

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.333「分搗き米」

さて今週のクイズは「分搗き米」についてです。 「ぶつきまい」と読みます。 最近、小池精米店の売り上げに占める割合が増えてきた「分搗き米」。 玄米でも白米でもない、違ったジャンルとしてその存在感を高めてきています。 さてこ […]

知る
2021.04.14

「エル・グルメ」5月号にて代表理事・中村祐介がおにぎりの紹介をしています。

4月6日に発売された「エル・グルメ(ハースト婦人画報社)」5月号で代表理事・中村祐介がおにぎりを紹介する記事が掲載されています。 中村も実践している、おにぎりをお店で買う際に失敗しにくいポイントを紹介。 パンの特集号です […]

知る
2021.04.11

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.332 「米と麦」

  日本で代表的な主食、穀物と言えば「米」ですが、世界に目を転じると「麦」を主食としている地域が圧倒的に多くなっています。 ただ日本でもうどんやそうめんなどの麺類はありますし、ラーメンは国民食と言われるほどの立 […]

知る
2021.04.04

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.331 「一粒万倍日」

「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」という言葉があります。 「何かを始めるには最も縁起のいい日」とされている日で、最近では3月31日がその日に当たりました。実はこの言葉…「米粒一粒から一万倍も稔るから」ということからの […]

知る
2021.03.28

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.330 「おこめ券」

「おこめ券」というものがあります。 全国共通で使用できる商品券で、1枚につき1㎏のお米と交換できるものです。おもにギフトとして流通しています。 おこめ券は全国の米屋などで販売しているのですが、この度、大幅な運用見直しが行 […]

知る
2021.03.21

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.329 「食味」

毎年、日本穀物検定協会が発表している「食味ランキング」。 先般、令和2年産のランキングが発表されました。 なお、このランキングで最高位の特Aを獲得したからといって、評価されたお米とまったく同じお米が流通しているわけでは無 […]

知る
2021.03.13

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.328 「お米の品種」

昨年デビューした新品種のなかに、京都府が初めて開発したオリジナル品種があります。 一般的に京都に限らず、稲作がそれほど盛んではない府県では、自分達で独自で開発するよりも一般的に普及している品種を栽培する傾向にあります。 […]

知る
2021.03.07

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.327 「お米の業界用語」

  今回はお米の業界用語についての問題です。 どの業界でもそうですが、それぞれの世界には独特な言い回しがあります。お米の世界も然りです。そのうちの1つに「上白」という言葉があります。さて、ここで問題です。この言 […]

知る
2021.02.28

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.326 「精米」

今週の問題は「精米」についてです。 小池精米店はその名の通り「精米」することを仕事の一つとしている会社です。ただ当然のことながら、この精米という作業は、一般の人にはあまりなじみがありません。しかしお米(特に白米)を食べる […]

1 2 43