• わたしのおにぎり物語わたしのおにぎり物語
知る
2020.10.20

誰かの笑顔のためにつくるおにぎり

チャレンジすることで喜びが増す「カワイイ食卓」 子どもたちが小さかった頃、お誕生日にリクエストされたキャラクターのケーキを作ったことが、「カワイイ食卓」をはじめたきっかけです。子どもが成長するにつれ、リクエストされるもの […]

知る
2020.10.19

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.310 「新米と産地」

新米の時期になるとお客様から「新米は何がありますか?」という問い合わせが一気に増えます。 お米好きな皆さんからのこういったお問い合わせは、お米屋さんにとって力になることは間違いありません。 しかし…残念ながら現地で収穫し […]

知る
2020.10.09

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.309 「玄米の異常」

今年の夏のような酷暑はここ数年の夏の特徴であり、もはや異常気象とは言い難い事態になっています。日本で最も作付面積が広い品種であるコシヒカリ。あまりに暑い環境のなかで栽培していると籾に「異常」をきたします。最近では収穫後に […]

知る
2020.10.04

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.308 「秋田県の新品種」

秋田県では現在、令和4年の秋デビュー予定の新品種の名前を投票により決めているところです。最終候補に挙がったのは6つです。そのうち「サキホコレ」という名前が候補に挙がっていますが、このネーミングには今までの品種名と比較する […]

知る
2020.09.26

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.307 「ササニシキ系の品種」

誰もが知っているコシヒカリ。その「ヒカリ」はいろいろな品種で受け継がれています。例えば能登ひかり(石川県)、ゴロピカリ(群馬県)、なすひかり(栃木県)、ちゅらひかり(沖縄県)、キヌヒカリ、ヒノヒカリ、ゆきひかり(北海道) […]

知る
2020.09.23

365日、同じ朝食で米の味を見極める

365日炊きたてのごはんで1日がはじまる 米屋として生まれ育った私の朝食は、ほぼ365日ごはんを中心とした和食でした。品種や産地の違う炊きたてのご飯と味噌汁、卵焼き、自家製ぬか漬けが小池家の定番。「今日のお米はどうだ? […]

知る
2020.09.23

グルテンフリーやビーガンって? 多様化する食にも対応できる「おにぎり」の強さ

近年、グルテンフリーやビーガン、マクロビオティックなどさまざまな言葉を耳にするようになりましたよね。コンビニやスーパーでも「グルテンフリーパン」や「ビーガン対応麺」といった商品が多くなり、食の選択肢が広がってきているよう […]

知る
2020.09.21

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.306 「お米の需要量の減り方」

先日、農林水産省から「2019年産のお米の需要量の減り方が今までの毎年の統計の倍に増えた」ということが発表されました。この事実は業界にとって非常に大きな衝撃を与えたのですが…。 さてこの需要減の数字について正しく組み合わ […]

知る
2020.09.13

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.305 お米屋さんの業界用語「白どり」とは?

今週の問題は米業界の専門用語についてです。米屋同士の会話で時々出てくる言葉に「はくどり」というものがあります。この言葉。各々の米屋の経営方針にも繋がる言葉でもありますが…。 さてここで問題です。この言葉の意味する内容に当 […]

にぎる
2020.09.08

【福岡県】かしわおにぎり

一般社団法人おにぎり協会推奨のご当地おにぎりレシピ【福岡県】編です。九州北部では、鶏は「かしわ」と呼ばれ、古くから食材として親しまれてきました。かしわめしが広まったのは駅弁「折尾のかしわめし」がきっかけといわれています。 […]

にぎる
2020.09.08

【島根県】まぶり飯のむすび

一般社団法人おにぎり協会推奨のご当地おにぎりレシピ【鳥取県】編です。僧兵が戦勝を祈願し、山鳥と山草を入れた米飯を炊き出しにしたのがはじまりで、大山寺の精進料理として親しまれていたおこわがおにぎりとして一般に広まりました。 […]

にぎる
2020.09.08

【鳥取県】大山おこわおにぎり

一般社団法人おにぎり協会推奨のご当地おにぎりレシピ【鳥取県】編です。僧兵が戦勝を祈願し、山鳥と山草を入れた米飯を炊き出しにしたのがはじまりで、大山寺の精進料理として親しまれていたおこわがおにぎりとして一般に広まりました。 […]

1 2 52