• わたしのおにぎり物語わたしのおにぎり物語
知る
2020.08.06

どこでも食べられるパートナー

“約束されたおいしさ”を秘めたおにぎり 子どもの頃は奈良の田舎に住んでいて、家の周りは田んぼや畑に囲まれていました。そのため、お裾分けを貰うことも多くあり、農家の皆さんが愛情たっぷりに育てて作った野菜やお米、おにぎりを食 […]

知る
2020.08.06

少年時代の小昼飯(こじゅうはん)の思い出

とても大きかった小昼飯のおにぎり 子どもの頃、私の母は時々、小昼飯(こじゅうはん)としておにぎりを出してくれました。小昼飯とは昼飯と夕飯の間に食べる間食、おやつのこと。学校から帰ってきて、おにぎりが出されると嬉しかったも […]

知る
2020.08.06

子どものころ、朝食はおにぎり

日本文化を表す“おにぎり” おにぎりを一言でいうと「和食の原点」。日本文化そのものです。大人から子どもまで、北海道から沖縄まで、日本人であればおにぎりを知らない人はいませんし、お金があってもなくても誰もが分け隔てなく食べ […]

知る
2020.08.06

少女がつくってくれた人生最高のおにぎり

先人たちが培った「おにぎり」という芸術 日本人にとってコメは最高の食材です。コメを炊くことは先人たちの知恵。和食は味が淡いコメを頂点として組み立てを考えますが、コメが主役の「おにぎり」は和食の原点。とりわけ塩にぎりは、コ […]

知る
2020.08.03

お漬物日本代表「たくあん」。その名前の由来と黄色のヒミツ

日本を代表するお漬物と言えば……? おそらくほとんどの方は黄色くてコリコリとした食感が特徴的な「たくあん(沢庵)」と答えるはず。そう、今回はそんなたくあんについてのお話です! ご存知のように、たくあんは大根を米ぬかや塩を […]

知る
2020.08.02

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.300 「お米のやりすぎ作業」

稲の収穫から白米が食卓にのぼるまでの間に、お米には色々な作業がほどこされます。そういった作業を「やり過ぎ」るとお米の味を損ないます。そういった明らかな「やり過ぎ作業」に当てはまらないものを次のア〜エから選び、記号で答えて […]

知る
2020.07.28

2020年7月28日、大人の教養エンタメバラエティー「大人ンサー」に代表理事・中村祐介の取材記事が掲載されました

暮らしに話題と気づきを届ける大人の教養エンタメバラエティー「大人ンサー」にて、一般社団法人おにぎり協会代表理事・中村祐介の取材記事が掲載されました。 20207月28日公開の同記事では、一般的な「三角形」のおにぎりの他に […]

知る
2020.07.24

永遠の定番具材「鮭」。その身は“赤”か“白”か?

先日おにぎり協会が実施した「2020年コンビニおにぎり人気調査」でも、各社とも上位3位にランクインするほどの定番人気具材「鮭」。程よい塩気がご飯とマッチし、その旨味を逃さないように海苔がカバーする……最高の組み合わせです […]

知る
2020.07.23

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.299 「ぬか層」

玄米の色は言うまでもありませんが「糠層」の色です。 この糠層を除去する行為を精米といいますが、精米することにより白米になります。 実はこの糠層を解剖すると、4つの層に分かれています。 この4つの層に含まれていないものを、 […]

知る
2020.07.21

【What’s FooDays?】7月21日は「土用の丑の日」

本日7月21日は「土用の丑の日」! 土用の丑の日と言えば、うなぎや夏を想像する方が多いと思いますが、実は、夏以外にも土用の丑の日が存在することをご存知でしょうか? また、うなぎが食べられるようになった理由を知っている方は […]

知る
2020.07.20

おにぎり協会クイズ【お米を知ろう!】Vol.298 「お米と害虫」

お米は植物であり、生鮮食品でもあります。そのためいつでも虫との戦いです。 ところが稲の栽培から食卓にごはんが上る過程の「ある段階」においては、あまり虫の事は気にしなくても良い場面があります。 その「ある段階」とはどの場面 […]

知る
2020.07.14

おにぎりのにぎり型は、三角だけじゃない!? 地域ごとに違う“おにぎりの4大にぎり型”とは?

「関東と関西ではお雑煮に入れるお餅の形が違う」ということを聞いたことはないでしょうか? このように、同じ食べ物でも地域によって形が違うことは稀にありますよね。実はおにぎりも地域によって形が違う食べ物だったことをご存知でし […]

1 2 48